社員メッセージ.1 | キャリア採用 | 採用情報 | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

採用情報Recruit

キャリア採用

社員メッセージ.1

コンサルタント:倉林 真士

前職時代について

新卒では大手Sierへ入社いたしました。
製造業界向けのアカウントセールス部門への配属となり、R&D・調達・製造・販売・物流と幅広い領域におけるシステム化提案を経験しました。
プロジェクトではSEやコンサルタントの方と接する機会も多く、先輩方の仕事に対する姿勢や顧客貢献を目の当たりにしたことが、結果的に転職活動のモチベーションとなりました。

クロスフィールドを選んだ理由

顧客貢献と自己成長を実現できる環境であると感じたからです。
転職の理由として、デリバリ領域で顧客に貢献したいという思いがありました。
クロスフィールドは「クライアント目線で考えるコンサルティングワークの実践」により、業界大手の顧客層からの高いリピート率と稼働率を実現しており、私の志向とマッチしていると感じました。
また、面接で会話させていただくなかで、未経験からコンサルタントへ成長していく過程をイメージできたこと、人を育てる文化があることを感じることができた点もクロスフィールドを選んだ理由の一つです。

クロスフィールドに入社して感じたことは?

社長含め全社員が「さん」付けで呼びあい、役職に関わらず、コミュニケーションを取ることが出来ると感じました。それぞれ異なるバックボーンを持つコンサルタントの方が集まっているため様々な先輩方の経験を伺うことができます。前職でも車座ミーティングなど機会はありましたが、この距離の近さから得られるものは大きいと思います。
またプロジェクト席では度々お客様から相談が持ち込まれます。その中で、お客様の意見に対し「それは目指すべき方向に逆行するのではないでしょうか」と進言する先輩を目の当たりにし、時として言いづらいことであっても、お客様の抱えている課題に対して、お客様以上に真剣に考え行動する、まさに「クライアント目線で考えるコンサルティングワークの実践」を感じました。

クロスフィールドでの仕事は?

日々学び、そして実践の機会にあふれています。
主にBPR(Business Process Reenginiering)案件として、顧客の既存BPO(Business Process Outsourcing)先からSSC(Shared Service Center)への業務移管・改善プロジェクトに参画しております。
アサイン後、まず教わったことは自らの意見を発信することの大切さでした。未経験というスキル不足の中でも、自ら意見を持ち、常に発信することが求められます。失敗してしまうこともありますが、繰り返すたびに前に進めていると強く実感します。
資料作成から打合せでの進行まで任せてもらえるため、日々の学びを即実践する機会があり、厳しくも充実しております。