English

お問い合わせ

インダストリーIndustry

自動車

自動車業界を取り巻く環境について

近年、自動車業界を取り巻く事業環境は急激に変化しており、特に技術面において、100年に1度と言われる一大転機を迎えています。これまでの内燃機関を利用したガソリン・ディーゼルエンジン車に代わり、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車のいずれかが次世代の主流になると予想されており、自動車メーカー各社は、開発の主導権を握ろうと、研究開発にしのぎを削っています。また、自動運転に関する開発競争も激しさを増しており、自動車メーカーのみならず、世界的なIT企業も参入し、まさに、世界規模での開発競争、規格競争が行われています。一方、世界市場を見ると、日本国内の市場規模が縮小していくなかで、中国と北米市場が拡大しており、この地域での販売基盤の確立がますます重要になってきています。

自動車業界の課題について

自動車の急速な技術革新が進む中、研究開発には有能な人材、膨大な資金が必要になり、大手メーカーと言えども自社単独では賄いきれなくなっています。今後は、研究開発の分野においてIT産業を含めた協業が活発になると予想されており、どの企業グループに属して研究開発を行うか、また、どこまで共同開発を行い、どこから自社開発を行うかという協調と競争の線引きについて、難しい経営判断を下すことが求められています。