English

お問い合わせ

インダストリーIndustry

流通・小売

流通・小売業界を取り巻く環境について

流通・小売業界は、社会環境、生活スタイル、消費マインド、情報通信手段の変化とともに様々な業態を開発しながら、短いサイクルで目まぐるしく変遷し、成長・進化・衰退を繰り返しています。これまで、百貨店、GMS、コンビニ、量販店、ホームセンター、衣料専門SPA、通販など、様々な業種・業態が生まれてきましたが、消費動向の変化に対応できない企業は業界から淘汰されています。
近年、消費者の嗜好は、「モノ」の消費から「コト(旅行・サービス・通信費等)」の消費にシフトしており、商品の「品揃え」ではなく、業種・業態の枠を越えた「店揃え」が競争を勝ち抜くカギとなっています。各社はM&Aを通じて、規模や店舗網の拡大、業態を多様化することで生き残りを図っています。

流通・小売業界の課題について

今後、日本は高齢化社会を迎えるとともに、少子化による総人口の減少という問題を抱えており、国内市場規模の縮小が想定されています。
将来的にインターネットを苦にしない世代(団塊世代以下)が、高齢者となることを考えると、大型・重量物の購入や荒天・雨天時の買い物など、物理的な購買範囲の制約を取り払う「ネットスーパーとしての業革・進化」が期待されています。
また総人口減少の対応策としては、人口増加が期待できるアジア諸国への出店戦略(新業態、新サービスの提供など)の検討は不可欠と考えられます。

流通・小売業界の課題克服に向けたサービスのご紹介

システム導入

プロセス改善

企業価値向上