English

お問い合わせ

インダストリーIndustry

保険

保険業界を取り巻く環境について

1998年の保険の自由化(生命保険、損害保険の相互参入、保険料率の自由化、保険仲立人制度の導入など)を契機に、同じ契約内容でも会社が異なれば保険料が異なる、自由競争の時代に突入しました。
また、主たる新規加入者である若年層が年々減少する一方で、65歳以上の老年人口は今後30年間増加するとの予測があり、このままでは保険料収入の減少と保険金支払の増加による基礎利益の減少が予想されるため、2000年以降はいくつもの企業合併が起きています。
一方、年々進歩するIT技術を活用して膨大なデータを詳細に分析し、リスクの細分化・最小化を図り、中高年向けの新しい保険商品が数多く発売されています。

保険業界の課題について

基礎収益を確保すべく、保険各社は、より精緻なリスク分析に基づく保険商品の設計を行い、安定的な収益基盤を確立することが求められています。
すでに、膨大なデータを利用したリスク分析、商品開発が進んでいますが、その先には、被保険者の行動様式や生活習慣をウェアラブル端末などから収集して、適切な保険サービスを個別に作成するオーダーメイド型サービスが登場することも予想されています。

保険業界の課題克服に向けたサービスのご紹介

システム導入

プロセス改善

企業価値向上