English

お問い合わせ

採用情報Recruit

新卒採用

社員メッセージ.1

コンサルタント:井手 由紀子

学生時代について

教育学部に在籍し、文化財・博物館の教育利用の在り方や教

育普及活動について学んでいました。専攻していた分野はITや会計とは畑違いの学問でしたが、コンサルティング業界に興味を持ち今に至ります。

コンサルティング業界を選んだ理由

大学3年時の授業で取組んでいたグループワークが契機となり、コンサルティング業界を志望するようになりました。そのグループワークは1年間かけて実施する長期的かつ難易度も高いものでした。ゴールを目指してチームで進む中で、スケジュール等の管理不足や方向性のぶれにより、チームが機能しなくなるというアクシデントが起こりました。その結果一からチームを立直したため大幅に時間をロスしてしまい、残された短い期間で課題を達成することは非常に困難な状況となってしまいました。この経験から管理の重要性を感じ、プロジェクトを支援・マネジメントするコンサルタントとなる道を選択しました。

クロスフィールドに入社して感じたことは?

それぞれのメンバーが高い専門性とプロ意識を持っており、常にクライアント以上にクライアントのことを考えているメンバーが集まっていると感じました。メンバー一人ひとりがクライアントにとって最善の選択肢を模索し、クライアントを導いているという印象を受けます。だからこそクライアントに信頼され、いざという時に頼られる存在となっているのだと現場に出て実感しました。一方で仕事以外の場では全力で楽しむというスタンスを全員が持っており、社員旅行等の社内イベントは非常に盛り上がりをみせて楽しい職場だと感じています。

クロスフィールドでの仕事は?

新人研修を終えると、OJTの形でプロジェクトに参画することになります。先輩方の丁寧な指導を受けることができるので、プロジェクトに参画する不安はあまり感じませんでした。現在私は基幹システム導入のプロジェクトに参画しています。構想検討フェーズからの参画のため、システム導入の初期段階から学ぶことができて非常に貴重な経験となっていますし、複数の分野が絡むため難易度は高いですが自身の成長にも繋がっていると感じています。

今後の抱負は?

信頼されるコンサルタントとなることを抱負としたいです。先輩方のようにクライアントに信頼され、いざという時に頼られる存在となることが目標です。そのためにも様々なことを経験・学習し、知識を蓄えて自らのものとしていきたいと考えています。