English

お問い合わせ

プロジェクト管理Project Management


【個別サービス】

プロジェクト立上げ支援

概要

『プロジェクト立上げ支援サービス』は、豊富なプロジェクト経験を有するコンサルタントが、プロジェクトにおける基本構想フェーズにて、「プロジェクト憲章の策定」、「プロジェクトマネジャーの選定」、「プロジェクトメンバーの選定」、「ステークホルダー分析と合意形成」、「プロジェクトチャーターの作成」等、プロジェクトの原点となる重要な立上げ・発足作業の実行を包括的に支援します。

プロジェクトの原点となるべき「プロジェクト基本構想」の策定を包括的に支援します

「プロジェクト基本構想フェーズ」は、自社の経営や事業の課題に対し、そのプロジェクトで達成すべき目標や到達すべきゴールを定める重要なフェーズであり、そのアウトプットである「プロジェクト基本構想」は、プロジェクト遂行の過程で、常に立ち戻るべき原点となります。しかしながら、実際には、“確りと決めておくべきこと”や“準備しておくべきこと”が疎かにされ、迷走するプロジェクトも少なくありません。

また、以下のようなタスクを、プロジェクトオーナーやスポンサーが自ら推進する必要があります。
・プロジェクト化の可否判定
・プロジェクトテーマ、コンセプトの定義(=プロジェクト構想策定)
・プロジェクトマネジャーの選定
・プロジェクトで実現、達成すべき目標・ゴールの設定
・実現シナリオの策定(=シナリオプランニング)
・ステークホルダーの理解と要求分析
・プロジェクトメンバーの選定 など

クロスフィールドでは、コンサルタントとしての客観的視点を持ちながらも、「クライアントの事業を推進させるパートナー」としてプロジェクトオーナーやスポンサーの意向をくみ取りつつ、これら基本構想の推進を支援します。

御社の経営環境や事業計画に合わせた最適なプロジェクト組成をお約束します。

クロスフィールドの強み

豊富なプロジェクト経験に基づくノウハウ

プロジェクト基本構想時点で外部リソースが参画するケースは多くなく、経験のあるコンサルタントも市場に潤沢に存在するわけではありません。クロスフィールドは、パートナーとして長期に渡り多くのクライアントを支援していく中で、いくつものプロジェクト立上げに関わっており、豊富なノウハウを有しています。

クライアント目線・立場での基本構想策定

プロジェクト基本構想は、自社の経営環境や事業計画に密接に結びつくものであり、各社の事情に応じた取組みが必要となります。クロスフィールドは、「クライアント目線で考える」という設立時から掲げてきたモットーのもと、クライアントと一体となり、基本構想策定・プロジェクト立上げを実現します。

実効性のあるプロジェクト立上げ・PMO構築

プロジェクト立上げにおける「プロジェクトマネジャーの選定」は、プロジェクトのCSF(重要成功要因)ですが、スーパーマンのような人材はなかなか見つかりません。クロスフィールドは、プロジェクトオーナーやスポンサーと深くコミュニケーションを図ることで、最適なプロジェクトマネジャーの選出、更にはそれを支えるPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)の体制構築を支援します。

無料相談はこちら