基幹システム導入支援(フェーズ別タスク支援)| システム導入・DX推進 | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

システム導入・DX推進Installation System・DX Promotion


【個別サービス】

基幹システム導入支援(フェーズ別タスク支援)

概要

『基幹システム導入支援(フェーズ別タスク支援)サービス』は、クライアントの置かれた状況(規模、難易度、課題など)に合わせて、基幹システムの導入経験豊富な弊社コンサルタントが、要件定義・設計・開発・テストフェーズからデータ移行・教育等の計画策定及び実行、さらにはシステム運用の定着化に至るまでユーザーを包括的に支援するサービスです。

定常業務で多忙なユーザーに掛かる負荷を軽減するため、ユーザー側が実施するタスクを主体的にリード、推進し新システムの定着化までを支援します。

基幹システム導入において、ユーザー側タスクの成否はプロジェクト進捗や品質を大きく左右します。当然ながら、スケジュールを遵守し漏れなく正確に実施する必要があります。
要件定義では業務要件を正確に汲み取ってシステム機能要件に落とし込み、基本設計ではベンダーが作成したシステム設計書に要件(=要件定義の決定事項)が漏れなく盛り込まれていることを確認しなければなりません。
開発・テストフェーズでは、テスト計画や結果のレビューを通じ、スケジュール通りに高い品質で納品されることを目的としたベンダーマネジメントを行います。クライアント単独では難しいベンダーとのコミュニケーション役を担います。
データ移行では移行計画策定段階から移行対象データの洗出しや、項目マッピング等の準備作業をベンダーと意思疎通を図りながら行い、教育では単なるシステム操作マニュアルでなく、業務に即したシステム利用マニュアルの作成を推進します。
これらのタスクは通常、全てユーザー側で実施しなければならず、“定常業務を抱えながらプロジェクトに参画し、このような専門的なタスクを行うのは極めて困難である”というのが実態です。
クロスフィールドは、豊富なシステム導入支援の経験に基づき、上述の各フェーズを確実かつ効率的に進め、またユーザーの便益を第一に、ベンダーとの間を取り持ち、プロジェクトの目的達成に向けて手厚いサポートを実施します。

基幹システム導入プロジェクト

クロスフィールドの強み

ユーザー⽀援に関する豊富な経験

例え同じパッケージを導⼊するとしても、クライアントの考え⽅やその根底にある企業⽂化が異なればプロジェクトの進め⽅は異なります。クロスフィールドには、様々な企業規模や業種の経験が蓄積されており、クライアントの環境に合わせた⽀援が可能です。

パッケージ導⼊の多様なノウハウ

ユーザー⽀援を⾏うには、その対象であるパッケージ導⼊そのものへの深い知⾒・経験が求められます。クロスフィールドでは、パッケージ導⼊の経験を豊富に有するコンサルタントが参画し、プロジェクト成功に向けて⽀援します。

業務、会計、システムに精通

さまざまな業種、プロジェクト種別、プロジェクトフェーズにてプロジェクト経験を有しており、プロジェクトで発⽣する問題点に迅速に対応できるだけでなく、潜在的リスクを検知して適切な⼿⽴てを講じることが可能です。

無料相談はこちら