English

お問い合わせ

システム導入Implementation Service


【個別サービス】

WinActor(RPA)導入支援

概要

『WinActor(RPA)導入支援サービス』では、NTTアドバンステクノロジ社製のRPAツールであるWinActorについて、販売代理店の立場から、導入の意思決定や導入対象業務の選定、ロボット開発、RPAに関する社内ルールの整備や体制構築などについて、包括的な支援を提供します。

WinActorによるRPA開発の内製化をサポートします

RPAとはRobotic Process Automationの略で、パソコン上の操作を記録して人の代わりに作業するソフトウェア型のロボットのことです。
RPAは人に準ずる労働力であり、業務変化にも柔軟に対応可能という特徴を持ち、費用対効果の観点でシステム化が難しい業務や、業務担当者のモチベーション低下が危惧されるような低付加価値業務への適用が広がっています。
システム同様、RPA開発をITベンダーに外注するケースも存在しますが、「業務変化に柔軟に対応可能」という特徴を生かすには、社内リソースによる開発、運用、保守体制の確立(=内製化)が不可欠です。
クロスフィールドでは、内製化に最適なRPAツールの1つであるNTTアドバンステクノロジ社製のWinActorの販売代理店として、単にRPAの導入を支援するだけではなく、導入後のRPAの内製化を目指したサービス提供を行っております。

為替予約業務へのRPA導入プロジェクト

クロスフィールドの強み

システムと業務のプロフェッショナル

クロスフィールドのコンサルタントはシステムだけでなく業務にも精通したプロフェッショナルです。WinActor、クライアント業務の特性を踏まえたRPA開発内製化の支援を行います。

ユーザー支援に関する豊富な経験

例え同じパッケージを導入するとしても、クライアントの考え方やその根底にある企業文化が異なればプロジェクトの進め方は異なります。クロスフィールドには、様々な企業規模や業種の経験が蓄積されており、クライアントの環境に合わせた支援が可能です。

スコープを特定しない柔軟な対応

通常のコンサルティングは、営業システム導入やグループウエアのクラウド移行などのように契約時にスコープ(受託範囲)を明確にしますが、本サービスはIT全般に精通したコンサルタントがクライアント内の立場で包括的な対応を行いますので、契約時にスコープを明確にする必要がなく、状況に応じてその時点で貴社にとって必要な対応を実施します。

無料相談はこちら