English

お問い合わせ

システム導入Implementation Service


【個別サービス】

RFP作成支援

概要

『RFP作成支援サービス』は、システム導入において、クライアントにとって本当に必要となる要件を掘り起こし、もっとも合致したシステムやサービスを提供するベンダー選定のサポートを提供します。また、選定後のプロジェクトをスムーズに推進させるための準備の支援を含めて、プロジェクトが成功するために必要不可欠なサービスを包括的に提供します。

「プロジェクトを成功させるためのRFP作成」をサポートします

RFPはRequest For Proposalの略で、「提案依頼書」と呼ばれます。システム導入ベンダー選定などの際に、候補ベンダーに対し、自社の要求事項を伝え、それに応じたシステムやサービスなどの具体的な提案を依頼する文書のことです。
クロスフィールドでのRFP作成支援サービスでは、単なる「クライアントが列挙した要求事項を綺麗に文書に纏める」だけではなく、その背景や経営課題の整理(それはクライアントにとって本当に必要な要求なのか?)から始まり、ベンダー選定後のプロジェクト推進をスムーズにさせる準備に至るまで、プロジェクトを成功させるために必要不可欠なサポートを包括的に提供します。
具体的には、①現状分析(クライアントが抱えている問題点や解決すべき課題の洗い出し)、②要求事項の整理(課題を解決するために「クライアントに必要なものはなにか」を抽出)、③「業務要件・システム要件」の取り纏め(より具体的に業務プロセス、システム像を明確化)というステップを経て、本当に必要な要求を導出します。
更に、ベンダー選定以降のプロジェクト推進を見越し、システム構築上で必要不可欠な品質保証や納入物定義などのプロジェクト管理に係る要求事項の整理や、ベンダー選定のポイントのご提供など、きめ細やかにサポートします。
これらは、「クライアントと共に」をモットーとして様々なクライアントと深くお付き合いしてきた長年の経験のあるクロスフィールドだからこそ提供できるサービスだと自負しています。

クロスフィールドの強み

豊富なシステム導入実績

数多くの日本企業・外資系企業に対し、業種を問わず豊富なシステム導入実績を有しており、クライアントの多種多様なプロジェクトニーズに応じた柔軟な対応が可能です。

多種多様なプロジェクト経験

さまざまなプロジェクト経験に基づく業務知識を豊富に有しており、業務・システムのあるべき論を示すことができます。また、プロジェクトで発生する問題点に迅速に対応できるだけでなく、潜在的リスクを検知して適切な対策を講じることが可能です。

現状分析・課題抽出を強力にサポート

RFPに欠かせない業務/システムの現状把握・ギャップ分析・課題抽出において、数多くのプロジェクト実績を有しており、クライアントの事情に合わせた効果的・効率的なプロジェクト推進を実現します。

無料相談はこちら