PMO支援プロジェクト | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

事例紹介Works


【事例紹介】

PMO支援プロジェクト

プロジェクト管理

事例の概要

業種:専門商社

経営統合におけるシステム分科会運営支援プロジェクト

プロジェクト課題、背景

クライアントは、同業であるB社との経営統合に向けて、経営層で構成された「統合委員会」を設立、その傘下に営業/総務/経理/システム等の各分科会を設置し、統合作業を進めていました。
「システム分科会」では、システムベンダーをPMOとして起用していましたが、データ移行計画しか提示されない等、PMOの役割を果たしていない状況にあり、危機感を抱いたプロジェクトオーナーがクロスフィールドにPMO立て直しを依頼しました。

提案、進め方

  • プロジェクト参画直後より、クロスフィールドメンバーは、現状分析と課題把握を並行して行った後、プロジェクトが効果的に推進するような管理体制・管理プロセスの整備を行い、少人数かつ短期間でのPMO立て直しを実現しました。
  • 新たな体制・管理プロセスに基づきプロジェクト管理を実行、当分科会内の進捗管理/進捗報告だけでなく、複数の分科会に跨る課題管理(調整含む)も手掛け、経営統合全体の円滑な推進に寄与しました。
  • 経営統合まで半年を切る状況の中、システム関連タスクの遅延が顕在化しつつありあったため、プロジェクトオーナーとの協議の上、プロジェクト実作業(システム統合計画見直しやシステム統合準備)についても支援を担当し、当初想定期日でのシステム統合を実現しました。
  • 統合システム稼働後は、稼働後フォローを行いつつ、クロスフィールドメンバーリリース後にトラブルが発生しないよう引継ぎを実施し、プロジェクトを円滑に終結させました。

効果

プロジェクトの円滑な推進
豊富な経験や知識に基づいて、突発的な問題にも迅速かつ適切に対応できる実践的なプロジェクトマネジメント力を発揮し、経営統合に向けプロジェクトを円滑に推進させました。
PMOの内製化
当事者意識をもって深くプロジェクトに関与するとともに、リリース時には充分な引継ぎを行い、クライアント内だけでもプロジェクトを推進していくことが可能な体制の組成を実現しました。