経理財務領域のシェアードサービスセンター設立における検討ポイント(後篇) | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

レポートReport


【レポート】

経理財務領域のシェアードサービスセンター設立における検討ポイント(後篇)

2015.04.24

プロセス改善サービス

前篇では、『シェアードサービスセンター(以下、SSC)』の設立におけるアプローチの全体像と、基本構想フェーズでの検討ポイントを紹介させていただいた。
後篇では、設計フェーズの進め方(基本構想フェーズで策定した推進方針に基づく、設計作業の内容と検討ポイント)について紹介させていただく。

5. 設計フェーズにおける検討ポイント
① 設計フェーズの概要

設計フェーズでは、基本構想フェーズで決定した推進方針に基づき、『戦略・制度』『組織』『業務プロセス』『システム』の領域毎に、SSC設立に向けての詳細な要件を検討することになる。
基本構想フェーズと設計フェーズでのタスクの関係を認識いただくため、前篇で説明したSSC設立のアプローチのロードマップを改めて掲載する。

レポートの続きはこちら
(PDFファイル)

※メールアドレスを登録頂きますと、レポートの更新情報等を定期的にお届け致します

メールアドレスの登録をする