ローコードの現状と活用の方向性 | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

レポートReport


【レポート】

ローコードの現状と活用の方向性

2021.03.25

システム導入

2010年代以降、自動ソースコード生成にとどまらずアプリケーション開発サイクル全般を1つの統合環境で完結できる、ローコードアプリケーションプラットフォーム(以下、LCAP)が登場し、DX時代に求められる頻繁な変化や高速開発、世界的なIT人材不足などに対応できる開発手法として、近年急速な広がりを見せています。米ガートナーは2024年までに世界のアプリ開発の65%以上がローコードで開発されるとみており 、日本国内でも大手企業の導入事例を耳にすることも多くなりました。
そこで今回、LCAPとしてグローバルマーケットリーダーに位置づけられている ポルトガルのアウトシステムズ社製「OutSystems」(試用版)を使用して筆者が実際にサンプルアプリケーションを複数作成しながら、最新のLCAPの機能や使用感を調査してみました 。またそこから得られたLCAPのメリット・デメリットや今後の活用の方向性についても考察いたします。

レポートの続きはこちら
(PDFファイル)

※メールアドレスを登録頂きますと、レポートの更新情報等を定期的にお届け致します

メールアドレスの登録をする