データレイク導入の検討ポイント | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

レポートReport


【レポート】

データレイク導入の検討ポイント

2020.09.24

システム導入

はじめに
ビッグデータは、2010年代前半にいわゆる「バズワード」的な取り上げられ方をして以来、現在に至るまで産業、ビジネスの分野で注目を集めてきました。これまでに多くの企業がビッグデータの活用に取り組み、IoTやAIなどとの併用で有効利用に至った事例も出てきています。

最近では、このビッグデータを保管するシステムとして、「データレイク」というワードを耳にすることが多くなってきました。データを保管するシステムといえば、データウェアハウス(DWH)やデータマート(DM)などのシステムが頭に浮かびますが、これらと「データレイク」の違いは何なのか、気になるところです。

本稿では、ビッグデータの解析基盤を構成する際にキーになるといわれている「データレイク」について、その役割を整理し、併せて導入を検討する際のポイントについて考察してみたいと思います。

レポートの続きはこちら
(PDFファイル)

※メールアドレスを登録頂きますと、レポートの更新情報等を定期的にお届け致します

メールアドレスの登録をする