English

お問い合わせ

レポートReport


【レポート】

システム導入を成功させるポイント ~S&OPを実現するSCMシステム改善~

2018.10.25

システム導入

S&OP(Sales and Operations Planning)は、1980年代に提唱された、モノ+カネの視点で中期的な業務計画を立案するプロセスです。1990年代後半に流行しだしたSCM(Supply Chain Management)よりも発祥は古いのですが、SCMとの親和性の高さからSCM改善の流れに合わせ、近年注目されています。

SCMは今日に至るまで、様々な企業努力と試行錯誤を経て進化してきています。しかし近年の急速な市場変化に対応するため、「利益に貢献するSCM」=「S&OP」の考え方が求められるようになって来ました。またIT面では、ERP利用の成熟度向上に伴うデータ精度・鮮度の大幅な向上や、PC/サーバーの飛躍的な処理能力向上、クラウドサービスの広がり、インメモリデータベース製品の実用化などによって、より複雑な業務をより迅速に実現することが可能となったため、まさに今、SCMを業務面・IT面から見直す機運が高まっている状態です。

S&OP実現のための業務面での仕組み作りは専門書に譲ることとし、本紙ではIT面(ITシステム/インフラ基盤)の側面から、S&OP実現のためのSCM改善のツボをお伝えしたいと思います。また、今どんなツールがあって、どこでどのように役に立つのか、といった近年のS&OPシステムのトピックも含め、ご紹介していきます。

レポートの続きはこちら
(PDFファイル)

※メールアドレスを登録頂きますと、レポートの更新情報等を定期的にお届け致します

メールアドレスの登録をする