CF通信 10周年を迎えて | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

採用情報Recruit


【CF通信】

CF通信 10周年を迎えて

2011.7.8

クロスフィールドは、2001年7月3日に設立され、今年で10周年を迎えました。

一つの区切りを迎えるにあたり、2011年7月1日にANAインターコンチネンタルホテル東京にてパーティを開催いたしました。パーティでは、今まで10年間の歩みを当時のエピソードを交えながら、振り返りました。

改めて、10周年を迎えての思い、パーティの感想、次の10年に向けての思いを、創立メンバーのお二人に伺ってみました。

 

Q.1 クロスフィールドが10周年を迎えての率直な感想をお願いいたします。

磯貝:

正直言って、嬉しいですね。

10年を目標にしてきたわけではありませんが、やはり一つの節目ですから。

10周年を迎えて改めて思うことは、皆さんと出会い、ともに時間を過ごし、考え、悩み、苦労してきた一つ一つが、自分自身の成長、そして会社の成長につながっているんだなということです。

在籍している方は勿論ですが、残念ながら退職されてしまった方々にも本当に感謝しています。

松元:

創業して10年後に存続している会社は数パーセントしかない、という統計上の数値がありますが、そのような意味からも、よく10年もやってこれたな、というのが率直な感想です。

クライアントの方々、そして社員の皆さんに支えられてこそ、迎えられた10周年であると、あらためて感謝しています。

Q.2 10年の中で思い出に残っていることがあれば教えてください。

磯貝:

振り返ると色々な思い出がありますが、その中でも設楽さんの参画はクロスフィールドに大きな影響を与えましたね。彼自身、自分で独立してやっていけるだけの能力を持ちながら、我々をパートナーとして選んでくれました。非常に嬉しかったです。

もう一つは、某監査法人の基幹システム構築プロジェクトですかね。

このプロジェクトは設立当初から動いており、クロスフィールドの社運を掛けたようなプロジェクトで、メンバー全員が昼夜を問わず働き、肉体的にも、精神的にも大変なプロジェクトでした。

時にはお客様から呼び出され、怒られることもありましたが、会社として非常に大きな経験をさせてもらいました。このプロジェクトをやり遂げたことが、今日のクロスフィールドの成長に結びついていると言っても過言ではないでしょうね。

また、このプロジェクトで執行役員の松岡さんと初めて会いました。何か運命的なものを感じるプロジェクトでもありますね。

松元:

創業して間もない頃に、ほぼ当時の創業メンバー全員で一つのプロジェクトに参画した時期がありました。毎日午前様の日々が続きとても大変でしたが、創業後の初の大きな仕事でもあり、とても充実した日々を過ごす事ができたのを今でも良く覚えています。

Q.3 7月1日の10周年パーティについて、感想をお願いいたします。

磯貝:

この日のパーティはとても盛況で、3時間があっという間でした。

この10年間の出来事をレク委員(久保寺さん)が上手にプレゼン資料にまとめてくれて、皆さんと一緒に楽しくこの10年間を振り返ることができました。

最近、入社された方には新鮮な内容が盛り沢山だったのではないでしょうか。

また、我々役員には内緒でアンケートを取ってくれていたようで、皆さんが日頃どんなイメージを持っているのか知りとても参考になりました。

久保寺さん、ありがとうございました。

松元:

場所、内容ともにとても良いパーティでした。

会話している社員の皆さんの顔を眺めながら、以前からきっとお互いに深い縁があったに違いない事や、性格も一人ひとり違いますし仕事のスタイルも異なりますが、それぞれの個性が織り重なって素晴らしいハーモニーを奏でてくれている事、などなどを、パーティ会場の場であらためて感じました。

 

Q.4 最後に次の10年に向けての抱負をお願いいたします。

磯貝:

「今の人数の倍にしたいですね」とパーティでは言いましたが、なかなか簡単にはいかないでしょうね。

会社の成長に必要な人材やスキルを見極め、採用や教育に力を入れ、多くのプロジェクト現場を皆さんに経験してもらい、将来のクロスフィールドの成長に必要な強固な体制を築いていくことが私のミッションだと考えています。

結果として、10年後に今の人数の倍になっていればハッピーですね。

皆さん、一緒に頑張りましょう。

松元:

これからの10年、クライアントのニーズがますます多様化し、我々のビジネス環境も急激に変化してくことが予想されます。これらの変化に柔軟に対応するためには、新しい事へのチャレンジマインドを高め、それを維持していくことが重要だと思います。

これには各自の努力も必要ですが、会社としてもそれを醸成するための環境づくりに取り組んでいきたいと思っています。

 

 

磯貝さん、松元さん メッセージありがとうございました。

20周年に向けて頑張っていきましょう!