社員旅行2016 | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

採用情報Recruit


【CF通信】

社員旅行2016

2016.10.23

クロスフィールドでは毎年6月にほぼ全ての社員が参加する社員旅行を実施しています。
今回は、少し時間をさかのぼりますが、富山・金沢への2泊3日の旅の模様をご紹介します。

 

1日目:富山・石川観光

はじまり

スタートは東京駅。

例年は飛行機で目的地へ向かうことが多いのですが、今年は趣向を変え、北陸新幹線「かがやき」号で富山へ向かいます。
ホームで車両を待っていると、何やら学生時代の修学旅行を思い出すようでした。

 

 

富山県にて

約2時間で富山駅に到着、ここでバスに乗り換えます。

まず、水辺に整備された「富岩運河環水公園」へ。

某コーヒーチェーンが自選する世界一美しい店舗があると有名ですが、一同の感想はいかがだったでしょうか?

あいにくの空模様でしたが、園内の展望台からうっすらと立山連峰の姿が見えました。

続いて海沿いへルートをとり、名勝・雨晴海岸を望む民宿で昼食です。

北陸といえばやはりおいしい魚介類ですね。

雨晴海岸もあいにくの空模様のため立山連峰までは望めませんでしたが、刺身の盛り合わせをはじめ、たっぷりと海の幸を頂きました。

 

 

石川県にて

満腹になったところで、お隣の石川県に入ります。

ここには自動車が砂浜の上を走れることで有名な海岸「千里浜なぎさドライブウェイ」があり、一行を乗せたバスも波打ち際を堂々と駆け抜けました。

しかし先ほどの昼食もあってか車内は若干まどろみ気味。

バスガイドさんに「リアクションが薄い!」と怒られてしまいました…

 

日の暮れかかる頃に金沢市へ到着。夕食会場へ向かいます。

座敷でゆったりと加賀・能登の郷土料理や地酒を楽しみながら、普段は一緒に食事をとる機会が少ない違うプロジェクトを担当している社員との会話も弾みます。

社員旅行ならではの貴重な時間です。

夕食後は賑わう金沢の街で思い思いに過ごしました。歌の力で地元の方々と心の交流を図った社員もいたとか…

 

 

■2日目

2日目・3日目はいくつかのグループに分かれて観光やアクティビティを楽しみました。

 

白川観光グループ

白川郷観光グループは、自動車で金沢から富山県に移動し、五箇山、白川郷で合掌造り集落を見学した後、白山白川郷ホワイトロード(旧・白山スーパー林道)を日本海側に抜けて、石川県小松市にある日本自動車博物館を訪れました。
五箇山、白川郷では合掌造りそのものの素晴らしさもさることながら、住人の方々による美化活動、防火対策にも感銘を受けました。

 

 

 

能登半島観光グループ

ローカル線に揺られて能登半島の和倉温泉を目指しました。(駅員さんに集合写真を撮ってもらいました。お仕事の合間にありがとうございます。)

途中、七尾の町ではなかなか予約の取れない人気の寿司屋を訪れ、名店の味を堪能しました。

目的地の和倉は穏やかな海に面した風光明媚な温泉地です。あえて細かい予定は立てず、広い浴場でのんびりと疲れを取りました。

 

 

 

金沢市内観光グループ

金沢市内の名所といっても1日で全て制覇するのは大変なので、メンバーそれぞれが訪れたいスポットを募り、人気スポットを廻りました。

最近特に人気の金沢21世紀美術館で現代アートに触れ、情緒あふれる兼六園や茶屋街では各々散策を楽しみ、金沢の金箔工芸品を眺めつつ金箔ソフトをいただきました。

少し遅めの昼食は近江市場で寿司三昧と海の幸を堪能し、観光だけなくお腹も満たした充実した一日でした。

 

 

ゴルフ三昧グループ

2日目のゴルフ班は、金沢を脱出し再び富山県へ上陸。射水市にある太閤山カントリークラブへと車を走らせました。

この太閤山カントリークラブは、全国に約2,000もあるゴルフ場の中でもプレーヤーからの評価が高く、また北アルプスと富山湾の両方を眺めることができ、非常に気持ちのよいゴルフ場でした(残念ながら、写真を撮り忘れてしまいましたが・・・)。

役員の方々やCFメンバーと一緒にコースを回ると、仕事と同様(それ以上?)に熱く、しかしながら、仕事とはまたちょっと違った一面も見ることができ、個人的には非常に楽しい機会です。

もっとゴルフ人口増えたらいいなぁ・・・

 

■3日目

まだまだゴルフグループ

3日目のゴルフ班は、2日目は観光等を楽しみ3日目にゴルフを選択した人もいれば、2日目に引き続き3日目もゴルフを楽しんだゴルフ三昧な人もいます。

この日は2グループに分かれてコースを回りましたが、初心者中心のグループと上級者グループとに別れてしまい、コースを回るスピードに開きが出てしまいました。

初心者組はなかなか次に進めず四苦八苦して大変でしたが、上級者組はゆったりとコースを回り楽しめたと思います。

 

 

市内サイクリンググループ

体力では負けませんとアピールしたい若手メンバーは、市内に整備された乗り捨て式レンタサイクルを活用し、城を中心とした金沢の町をぐるりと一周しました。

しかし、思いのほかアップダウンの激しい道路と、梅雨の晴れ間の強い陽射しによってエネルギーを消耗していきます。

結局、和と洋を折衷したおしゃれな甘味処でソフトクリームをいただく”スイーツ男子”と化してしまったのでした。

 

 

 

■おわりに

恒例行事として定着した社員旅行。

クライアントをはじめとする皆様のご理解を得ながら、今年も無事に実施することができました。

業務の性質上、社員が一堂に集まる機会が少ないこともあり、互いにねぎらい親睦を深めることの意義は大きいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。