社員旅行2019 | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

採用情報Recruit


【CF通信】

社員旅行2019

2019.6.20

クロスフィールドでは毎年6月にほぼ全社員が参加する社員旅行を実施しています。
今回のCF通信では、2019年6月の関西(奈良、大阪、京都ほか)への社員旅行の模様をご紹介致します。

■1日目:奈良観光

東大寺・奈良公園

旅のスタートは奈良から。まず向かったのは、鹿と大仏で有名な奈良の定番観光地「奈良公園」と「東大寺」でした。奈良公園では、沢山の鹿に出迎えられ、人懐っこい鹿と触れ合いながら東大寺に向かいます。左右に金剛力士像がそびえたつ東大寺南大門を通り過ぎると、大仏殿が見えてきます。木造建築物として世界最大級の大きさを誇るだけあり、まさに圧巻の迫力です。

 

法隆寺

東大寺を後にし、次に向かったのは日本初の世界遺産、「法隆寺」です。1400年の歴史を持つ法隆寺の神秘的な雰囲気と雄大さに息を呑みます。法隆寺のシンボル的な存在である「五重塔」の中には、仏像等、数多の彫刻品が展示されていますが、あまりの精巧さにただただ驚くばかりでした。閉門1時間前に到着したせいか、拝観者が少なかったこともあり、厳粛な雰囲気がより際立っているように感じました。

夕方には大阪に到着し、夕食会場へ向かいます。1日目の夕食は、鱧懐石です。コースの全ての料理に鱧が使われた、贅沢な品々を堪能しました。座敷でゆったりと食事と地酒を楽しみながら、社員一同改めて親睦を深める機会となりました。

 

■2日目・3日目

2日目と3日目はいくつかのグループに分かれて関西各地に足を延ばし、楽しみました。

 

京都初夏の保津川渓谷&市内観光

最初は、保津川渓谷での川下りです。船頭さん3人の楽しい会話を聞きながら、鵜やスッポンといった動物やイワツツジを眺めながら、1時間40分の川下りを満喫しました。ところどころの急流では、涼風に吹かれ、とても気持ちよかったです。嵐山に到着後、ランチをとり、個々に食べ歩きを楽しみながら自由に散策しました。

 

 

嵐山からは阪急電車で四条河原町へと赴き、祇園の街並みを堪能しました。風情ある花見小路通の甘味処で一休みを、と思いましたが、あまりに観光客が多く、断念せざるをえませんでした。

 

 

 

八坂神社での参拝を終え、円山公園にて一息ついたのち、青紅葉の美しい高台寺近辺を通って清水寺へ向かいました。清水寺は改装中のため、外観が全く見えなかったのは残念でしたが、高台から見える京都の街並みは本当に美しかったです。
夕食は先斗町の鴨川を見下ろせるお座敷にて、華やかな懐石料理に舌鼓をうち、初夏の京都を味わい尽くしました。

 

 

川床ランチ&森見登美彦の聖地巡礼

森見登美彦作品の聖地巡りは朝から行動開始です。最初の目的地は、『夜は短し歩けよ乙女』で「先輩」と「黒髪の乙女」の初デートの舞台にもなった進々堂 京大北門前。レトロで落ち着いた雰囲気のなか、思い思いの朝食を楽しみました。その後も散策は続き、阿闍梨餅本舗満月 本店で出来たての阿闍梨餅を買い、『四畳半神話大系』でロケット花火を打ち込んだ鴨川デルタ、古本市の開かれた下鴨神社を巡りました。
ランチは鴨川の上流、貴船川に架けられた川床で懐石料理でした。渓流らしい川魚を使った料理や手の込んだ小鉢などを堪能しました。市街地は汗ばむくらいの気温でしたが、標高の高さのおかげか、川床のおかげか、少し肌寒いくらいでした。それでも川のせせらぎと澄んだ空気、時折差す新緑の木漏れ日が非日常感を高めてくれました。

 

 

神戸名所めぐり

燦燦と日差しが降りそそぐ中、神戸名所めぐりの旅はスタートしました!

旅のはじまりは三宮から歩いてすぐ、神戸の中華街 「南京町」です。十字に広がる南京町を縦横断し、「老祥記」の豚まんなど名店の品々を堪能しました。
続いて、潮の香りに誘われ、「メリケンパーク・ポートタワー」に。ポートタワーの展望台から一望できる神戸の海・山・街を存分に満喫しました。

 

 

 

 

「北野工房のまち」にある「調香」でオリジナル香水作りを体験しました。香水作りは、なんだか理科の実験をしているようでしたが、参加者全員、納得のいくオリジナル香水の調合に時を忘れて没頭しました。

 

最後に「北野異人館街」と「酒心館」を散策し、神戸名所めぐりの旅を終えました。異国情緒溢れるハイカラな街並みに、後ろ髪をひかれつつも、神戸の街を後にしました。

 

 

 

 

“新喜劇“ザ・大阪観光(難波周辺)

ザ・大阪観光では、よしもと新喜劇、通天閣、道頓堀をめぐりました。
よしもと西梅田劇場では、漫才コンビ「博多華丸・大吉」など5組の漫才と吉本新喜劇を堪能。ライブで見るお笑いは、漫才師・出演者との距離が近く、演者と観客が一体となることで生まれる、テレビとは違った雰囲気の笑いの楽しさを満喫できました。
その後、通天閣に向かって新世界に移動。新世界は串カツ屋、たこ焼き屋等、たくさんの店がずらりと並んでいて、どの店も特徴ある派手な看板がお客の目を引いていました。また、通天閣はフロアごとにコンセプトが異なり、ある意味、種々雑多な大阪らしさを感じることができました。
最後に、難波・道頓堀を散策し、大阪のトレードマークである「グリコの看板」を見ました。ザ・大阪観光は、ディープな大阪に大満足の一日となりました。

 

 

 

高野山 奥の院への旅

 

“特急こうや”とケーブルカーを利用して、奥之院・弘法大師御廟、金剛峯寺、壇上伽藍エリアを巡りました。
弘法大師御廟までの道のり奥之院は、両脇に何基もの墓碑等が立ち並び、圧巻です。名だたる武将たちの供養塔(上杉家や武田家、徳川家、等)もあり、当時の人達に思いを馳せながら歩きました。
昼食は精進料理でした。精進料理というのは味気ないイメージをもっていましたが、色どりや味付けが工夫されており、美味しくいただくことが出来ました。ボリューム満点でお腹いっぱい大満足の昼食でした。

 

 

 

 

ゴルフ@太平洋クラブ

今回は、緑豊かな風景に囲まれた、国内トップレベルのメンテナンスを誇る「太平洋クラブ六甲コース」でのプレー。幸い、お天気にも恵まれ、爽快なラウンドを満喫しました。
某役員は自ら恐怖を感じるほど!?の絶好調で、自己ハーフベストを大幅に更新!(後半は・・・)。また、某役員は、最終18番の名物ホール(左サイドに3つの池が続くスリリングなレイアウト!)で、果敢にドライバーを振りぬき、250ヤード超のビックドライブを披露して見事パーでホールアウト!
はたまた、某役員は、バンカー地獄に苦しみ、最後は「バンカー引退宣言」を発表!などなど、参加者全員それぞれに思い出深い一日になりました。
ラウンド後は大阪市内まで戻り、夕食までの間プチ宴会となりました。

 

■おわりに

今年もクライアント、関係者の皆様のご理解・ご協力を頂き、無事、社員旅行を実施することが出来ました。全員が旅行を楽しみ、社員同士の親睦を深めることができました。皆様に心より御礼を申し上げます。