English

お問い合わせ

プロセス改善Process Improvement


【個別サービス】

BCP策定支援

概要

『BCP策定支援サービス』は、将来起こるであろう大規模災害に備え、企業が取り組むべき事項を定義・優先順位づけし、緊急時に、それらの事項を確実に遂行するためのアクションプラン策定、社内外の調整・折衝、シミュレーション訓練等の準備まで含めた総括的な取り組みを、当該分野に精通したコンサルタントが支援いたします。

プラン策定だけにとどまらず、緊急時に確実に遂行するための総括的なBCP策定の取り組みを支援します

地震だけではなく豪雨等の従来の予想を超える自然災害やテロといった人為的な災害に見舞われるリスクが高まってきています。また今後は首都圏直下型地震や南海トラフ巨大地震等の発生も想定されています。このようにリスクが目の前に迫っているにもかかわらず、事業継続計画(BCP)を策定している自治体は約1割に過ぎず、中小企業でも同様の状況です。
BCP策定支援サービスは、災害発生時のリスクを体系的に整理し、クライアント企業の存在意義という観点から、その状況下でクライアント企業が行うべきアクションとその行動計画を策定するとともに、確実な遂行のために、緊急時の意思決定プロセスや体制の整備、さらに一人ひとりの従業員の行動まで落とし込むために、教育研修やシミュレーション訓練を行う等、総括的なBCP策定の取り組みを支援いたします。
クロスフィールドでは、災害リスクマネジメントやBCP策定に精通したコンサルタントがプロジェクトの推進を支援致します。

クロスフィールドの強み

防災・減災に関する専門知識

防災・減災対策の経験を有するコンサルタントが、クライアント企業のビジネスや社内外のリソース等を踏まえ、緊急時に行うべきかつ遂行可能なプラン及びアクションの実現を支援いたします。

全社的取り組み支援の経験

BCP策定は特定の部署の取り組みではなく、経営層から一人ひとりの従業員を巻き込んだ全社的取り組みであるべきです。経営層の意識醸成から始めて、管理職・従業員を巻き込む様々な施策を打ちながら、BCP策定を遂行していきます。

意思決定・ビジネスプロセス変革に精通

緊急時には平時とは異なる意思決定やビジネスプロセスが必要となります。クライアント企業の実情を踏まえ、現実的かつ有効な仕組みや体制構築の支援をいたします。

無料相談はこちら