全社BCP支援プロジェクト | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

事例紹介Works


【事例紹介】

全社BCP支援プロジェクト

プロセス改善サービス

事例の概要

東日本大震災を受けたシビアな被害想定の下、重要業務を再定義し、緊急時に遂行するための体制を整備

プロジェクト課題、背景

クライアントは、リスクマネジメントの観点から積極的にBCPに取り組んでいましたが、東日本大震災を受けて、被害想定をよりシビアに設定し、最悪の事態に備える体制を早急に整備することとなりました。
一般的なBCP策定経験だけではなく、クライアントの組織や風土、意思決定・IT活用状況も含めた仕事の進め方、各ビジネス等に知見が有る点を評価され、当社コンサルタントがプロジェクトに参画することになりました。

提案、進め方

  • まずは、リスクシナリオをよりシビアな方向に軌道修正しました。さらにシナリオを業務レベルまでブレイクダウンしました。具体的には全社システムの内、稼働停止するであろうシステムを特定し、その場合に実施可能な業務と不可能な業務を明確にしました。
  • 併せてクライントの「重要業務」を定義し、その定義に照らし合わせて、全社として遂行すべき具体的な業務を特定しました。
    特定した重要業務を緊急時に遂行するために、変えるべきプロセス・手順、事前に準備すべき事項、社内外関係先との調整等を洗出し、現場部局ごとに必要な対応を特定、最終的に全社BCPとして取りまとめました。
  • 翌年度からは、継続的なリスクシナリオの見直しや全社研修・シミュレーション訓練、緊急対策室の改善等、更に一歩進んだ取組がなされています。

効果

全社としての重要業務の明確化
クライアントとしての重要業務を定義したことで、緊急時に行うべき業務が明確になりました。それに伴い、優先的に整備すべきシステムやプロセスが明確になり、より効果的なリソース配分が可能になりました。


防災・減災意識の醸成
リスクシナリオをシビアかつ業務レベルまで落とし込んだことで、一人ひとりにどのようなインパクトがあるのかを理解してもらうことができました。それにともない、”言われたからBCPを策定する”という受け身ではなく、”分たちがやるべきこと、できることをしっかりやる”という観点からBCPに積極的に取り組む環境が醸成されました。