次期基幹システム導入プロジェクト立ち上げ支援 | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

事例紹介Works


【事例紹介】

次期基幹システム導入プロジェクト立ち上げ支援

プロジェクト管理

事例の概要

業種:化学品専門商社

次期基幹システム導入プロジェクト 基本構想策定フェーズを実施

プロジェクト課題、背景

クライアントは、次期基幹システムとしてパッケージの導入を決定していました。しかしクライアントにはこれまでパッケージを導入した経験はなく、プロジェクト推進に不安を抱えていました。そこで、スクラッチ開発とパッケージ導入の相違点、パッケージ導入アプローチの特徴(パッケージに合わせて業務プロセスを変革等)について、ディスカッションを通じてクライアントの理解を促進し、パッケージ導入の意義、効果についての全社合意を醸成しました。

提案、進め方

  • 現行基幹システムの課題整理:
    スクラッチ開発された現行基幹システムの功罪を評価しました。現行システム導入時と現状の業務のGAPを明確化し、GAPにより生じるユーザー負担のインパクトを可視化しました。
  • 次期基幹システム導入アプローチの理解促進:
    ERPパッケージの理解促進、パッケージ導入とスクラッチ開発の差異整理、パッケージシステム導入の意義確認を行いました。また、他社事例ヒアリング(生の声)を通じてパッケージシステム導入のベストプラクティスについてイメージを共有しました。
  • プロジェクト予算検討:
    プロジェクト予算の対象範囲、妥当性の検証、およびコスト抑制のための方策検討を実施しました。
  • プロジェクトスケジュール策定:
    現行基幹システムの使用期限を考慮したうえで、パッケージ導入スケジュールを精緻化し、ユーザーのプロジェクト関与工数を算出しました。
  • プロジェクト体制検討:
    情報システム部門とユーザー部門の責任範囲、役割分担につき整理しました。

効果

システム開発(=作る)からシステム利用(=使う)への意識変革
システムに合わせて業務を最適化するというパッケージ導入手法のメリットを関係者に理解いただくことができました。
パッケージシステムを効率的かつ効果的に使う方法を考える(追加開発範囲は付加価値を生む業務のみに限定する)ことをプロジェクト方針として定義しました。
結果として、後続のシステム導入フェーズを円滑に進めることができました。
円滑なプロジェクト推進に向けた事前準備
パッケージ導入経験の不足を補うため、各種情報(パッケージ及びパッケージベンダに関する情報、他社導入企業の生の声の分析結果)収集と全社的取組として認知されるための定期的なマネジメント報告を実施しました。結果として、全社レベルでのプロジェクト推進体制を整備することが出来ました。