グループ会社共通基幹システム構築プロジェクト | 株式会社クロスフィールド

English

お問い合わせ

事例紹介Works


【事例紹介】

グループ会社共通基幹システム構築プロジェクト

システム導入

事例の概要

PMOとユーザーの双方の立場にてプロジェクトに参画、複雑なマルチベンダーコントロールを実践し、計画通りに基幹システム導入を達成

プロジェクト課題、背景

本プロジェクトはグループ会社への展開を見据えた1社目の基幹システム構築プロジェクトです。この基幹システムは複数のパッケージシステムから構成され、それら全てを同時にリリースする予定でした。しかし、クライアントにはプロジェクトを推進する社員が不足しており、PMO、および一部パッケージシステムのユーザー側導入担当者としてクロスフィールドが参画することになりました。

提案、進め方

  • 要件定義~基本設計フェーズでは、ベンダーが提示する成果物のレビューを行うとともに、要件定義の内容が曖昧、または不足している箇所についてはユーザーと打合せを行い、その内容を要件定義書、基本設計書に落とし込むことで、要件定義や設計の漏れを防ぎました。
  • 基本設計時には、システム間のデータ連携についても検討を行います。本検討には各システムを担当する複数のベンダーが関わります。ベンダー各社で、“文化”(言葉遣いとその定義や、暗黙の了解とされる事柄、など)に差があり、この差を原因とする仕様不備や仕様漏れが発生しやすい状況が生まれます。曖昧さや暗黙の了解を全て排除し、全てを確実に確認することで仕様不備・漏れの発生を防ぎました。
  • 詳細設計~単体テストフェーズでは、ベンダーが作成する計画を詳細に確認することにより、ベンダーが計画していない“漏れている”タスクを指摘し、また課題に対して迅速にアクションを起こすことで、導入スケジュール遅延を招くことなく、適切な品質でシステム構築を進めました。
  • ユーザー受入テストにおいては、日常業務の合間を縫ってユーザーがテストを行う為、テスト消化が遅れがちになりますが、頻繁に細かく進捗を確認することで無事にテストを完了することが出来ました。

効果

ベンダーの適切な管理
ベンダーはプロジェクトよりも自身に都合の良い判断を行うことがあります。そのようなことが無いよう、仔細にベンダーの活動内容や成果物品質を確認するとともに、プロジェクトの目的、各作業の意味を丁寧にベンダーに共有し浸透を図ることでベンダーの主体的な活動を促し、プロジェクトを計画通りに進めることができました。
ユーザーの適切な管理
クライアントの情報システム組織がユーザーのタスク(要件定義書の確認やユーザー受入テストの実施)を管理する場合、同じ会社に属する者として必要以上にユーザーを思いやり、プロジェクトが計画通りに進まないことがありますが、プロジェクト計画を念頭に、時に思いやり、時に厳しくユーザーと接することで、プロジェクトを計画通りに進めることができました。